Six Apart ブログ: Kindleダイレクトパブリッシングで電子書籍を出版する時の12の注意点

Six Apart ブログ:: Kindleダイレクトパブリッシングで電子書籍を出版する時の12の注意点

まず自分で出版することは、当分は無いと思うけれど、でもおもしろかった。 本文に曰くとく

KDPはAmazonで電子書籍の自費出版ができるサービス。簡単な操作で、すぐに電子書籍を売ることができます。

なんて軽く書きましたが、実際は、試行錯誤、悪戦苦闘の連続。
マップは全部見えているのに細かい罠だらけで全く前に進めないダンジョンみたいです。あらゆるステップで引っかかりました。

こんな苦労を他の人は味わいませんように!
ということで、ここに、自分が引っかかったところ一覧をシェアさせていただきます。

目次は以下の通りです。

1. 大まかな作業の流れはどんななの?
2.適切な文章量や価格は?
3.縦書きで書く時の注意点
4.表紙画像を作るときの注意点
5.便利すぎて神! でんでんコンバーター
6.Kindleプレビューツールで実際の見た目を確認
7.iPhoneやKindle Paperwhite実機で確認するときの注意点
8.米国での源泉徴収税の免除手続き時の注意点
9.Kindleへのデータ登録時の注意点
10.ブログの電子書籍化は漏れなく審査に引っかかる
11.公開案内メールのURLが違う
12.公開された後での注意点

特に、8節の税金のことは知らなかったので、驚きました。確かにそうですね。 Amazonで出版すると、米国で課税されることになるのでしょう。 だんだん世界が小さくなってきますね。

日々

Posted by yamanouc